用途別にバンパーの塗装の仕方を教えます

バンパー 塗装
縁石にこすってしまった際など、バンパーを傷つけてしまったという経験をした方は多いです。そんな時板金屋で塗装をしてもらうのか、ディラーに頼むのか悩みます。そんな時まずは、傷の状態を自分でチェックしましょう。まずは傷に水をかけて下さい。水をかけて傷が見えなくなった時はクリア層が傷ついているだけなので、液体のコンパウンド(仕上げ用か極細)と、ノンシリコンではなくシリコン(シリコンは塗装部分の表面を削った後に、艶を出してくれる)をカー用品店で買って来て磨けば綺麗になります。次に、傷が見えてしまった場合は傷が塗装した部分にまで到達してしまっているので塗装のやり直しが必須です。塗装が剥がれてしまった車をそのまま放置してしまうとサビが発生してしまい、広範囲に広がってしまう原因になってしまうので、早めに直すことをお勧めします。

バンパーを塗装する業者の選び方

バンパー塗装の修理をディラーに頼むとほぼ100パーセント交換修理になってしまうので、5万円~高級車だと10万円以上かかってしまいます。そのため、割れを交換せずに修理してくれる板金修理専門業者に頼むのがいいと思います。板金修理専門業者なら中古のバンパーも探してもらえるので4万円程度で交換してくれる可能性もあります。バンパーの修理は割れを補修する場合と、交換するバンパーの状態、そして車の色によって価格は大きく変わってしまいます。そのため、部位ごとに損傷程度をあてはめ、概算の見積もりを出してくれるサイトを利用して、どれくらいの金額で直せるか事前に確認しておくと良いと思います。板金修理専門業者によって値段がだいぶ変わってくるので、いろいろな板金修理専門業者に出向き見積りを取ってから修理する業者を決めた方がいいです。

DIYでバンパーの塗装をする場合

バンパー塗装の方法は、まずは中性洗剤を薄めたもので油分等の汚れを洗い流します。次に粗目のサンドペーパーで傷の周りと同じ高さになるまで研磨します。この時、補修箇所よりすこし広めに削ります。次にシリコンオフスプレーをし、布やタオルなどを用いて拭き取ります。マスキングテープで補修箇所を囲い、塗料下地スプレーを吹き付けます。次はパテを塗って行きます。パテは傷に押し付けるように一方方向に塗り込みます。パテは乾くと少し縮むので周囲より少し盛り上がるように塗って下さい。パテが乾いたら中目のサンドペーパーで凹凸を平らにします。平らになってきたら細目のサンドペーパーで滑らかになるまで研磨します。ここで再度シリコンオフスプレーをして綺麗に拭き取り、塗料下地スプレーを2・3回スプレーします。いよいよカラー塗料をスプレーします。最初から厚くふきかけずに薄く吹きかけて、乾いたらクリア塗料をスプレーして完成です。