愛車を任せられるバンパーの塗装会社の特徴

バンパー 塗装
バンパーのキズというのはやはり気になります。それがとても大切にしていえる愛車であれば、本当に嫌な気持ちになります。小さなキズであればバンパーを外さずに塗装をすることができます。そのため1万円から2万円で修理できることが多いです。しかしより丁寧に直して欲しいと思っているのであれば、バンパーを脱着して塗装をしてくれる会社を選ぶことがおすすめです。キズが付いた場所にもよりますが、もちろん小さなキズであれば脱着の必要はなく、周囲への保護などを行えば十分丁寧に直すことができます。しかしキズがついた場所や車の装備によっては脱着する必要があります。例えばコーナーセンサーやホグランプカバーが付いている場合は着脱します。また凹みに関しては表面からでは直せないので、当然取り外しが必要になります。

バンパーの塗装は放置せずにすぐ見積もり

バンパーの塗装は、塗装業者や修理業者、ディーラーで行われています。多少のキズであれば車検に影響もないので、大急ぎで治す必要は無いですが、やはりサビや見た目が気になるので、できれば早めに直すことでキズは浅く済みます。へこんでしまっている、大きくひっかかれている場合はできれば急いで直したいところです。サビが広がってしまえば、治す箇所が大きくなり、最悪の場合は部品交換にまで至ります。また大きな凹みはそもそも安全性に問題が出てくる可能性があります。一度バランスを崩した物質は、二度の衝撃で大破することは、時折聞く話です。なによりぶつかった車をそのまま動かしていると、いつ崩壊するのかを心配することにもなります。修理会社に依頼、見積もりをすることで納期や料金も明確になるので、何社かから見積もりを取って比較する方法は大切です。

バンパーの塗装は自分でできるがおすすめしない理由

バンパーの塗装を検索すると、自分で行う方法が検索されます。見ていると綺麗に直るので、ホームセンターに行って自分でキットを購入すればよいのではと思われると思います。時間と技術があるのであれば問題はないと思います。ただしサンドペーパーやシリコン、マスキングテープ、タッチペンなど、日頃家に置いてある物ではない道具が必要になります。また似た色を探すことができても、自分の車に合う色であるのかは、また別です。もちろん、車用品専門店に行けば、会社別、車種別の色が売られていますが、傷の幅が広ければ広いほど塗料の費用がかかります。乾かす時間も必要になり、それを保護する道具など、さまざまな道具が必要になる上に、一度使って二度目を使うのかは、まったく分からない道具です。そして自分の手間と時間をかけるのであれば、プロにお任せする方が結果として安く済むことが多いです。