バンパーの塗装の基本を習得する方法

バンパー 塗装
自動車を駐車する際などに、つい見逃していてバンパーをぶつけてしまった、なんてことは誰しもに起こる可能性があります。運転席から見えにくく死角になるバンパーですが、走っていると他の車からとてもよく見えるものです。塗装が剥げているととても目立ちます。自分で塗装を行う場合、どのような手順で行えばいいのか紹介します。まず、傷がついてしまった部分に専用のパテを塗ります。バンパーは下塗り、中塗り、上塗りと重ねて塗装され、艶だしも加わっているため、ぶつけて剥げてしまうと剥げていないところと凸凹ができてしまっています。そのため、このまま塗装してしまうとキレイになりません。そして、塗装したいバンパーの部分をひたすら磨きます。こすってしまって塗装が剥げている部分の凸凹が無くなるまでひたすら行います。このキレイに磨き凸凹をなくしてしまうことが、8割うまくいくといっても過言ではないほど重要です。

バンパーの塗装は一度に塗ってしまわない

下地が出来たら、いよいよバンパーの塗装です。スプレーの前に、バンパーにスプレーがついてほしくない部分にマスキングテープや養生テープを使い、新聞紙で覆います。接着材のスプレーをバンパーから30センチほど離して吹き付けます。ここでのポイントですが、一度にたくさん吹きかけて厚塗りしてしまうとムラができてしまい、キレイな塗装になりません。そこで薄く全体的に吹き付けるのを意識して、二回から三回繰り返します。接着材がしっかり乾いたのを確認し、塗料のスプレーを吹きかけて塗装します。もちろんここでのスプレーの使い方も接着材と同じで、一度に一気につきかけて色をつけるのではなく、バンパーから30ンチほど離して薄く吹きかけ、これを繰り返します。最後にコンパウンドを使ってツヤが出るまで磨くと出来上がりです。この工程が難しいと思う人は業者に頼みましょう。

塗装業者はどうやって見つけるのか

バンパーの塗装を業者に頼むケースとして、自動車を購入したディーラーに修理を頼むことができます。価格としては少し高めではありますが、車の扱いに慣れていることや、通い慣れているのならさらに安心です。また、輸入車であったりすると色の取り扱いが難しく、得意不得意があったりします。そこで、見積もりを取ることをおすすめします。連絡を取り、見積もりを取ってもらいながら、価格や塗装工程などしっかり説明を受けることで安心して任せられると思います。また説明が分かりやすく、忙しい場合には受け取り時間に融通してくれるなど様々な業者があります。バンパーに少し傷がついたくらいで、支障はないからと放っておくと傷が大きくなったり、実は車体自身に傷が入っていて危険だったりと分からないこともあります。プロに自動車を見てもらって適切な処置をするようにしましょう。